身近な添加物。健康・美容・ダイエットを気にするアナタに、天然サプリで添加物から身を守る方法を伝授。
添加物=便利=失うものとは?
今口に入れている食べ物、一体何種類の食品添加物が含まれていると思いますか?
そしてどれくらいの食品添加物を取り入れていると思いますか?


なんと日本人は年間4キロもの食品添加物を摂取してるんです。
  4キロですよ・・ものすごい数値じゃありませんか??

<こんな方は注意です!>
  コンビニ・ファーストフード大好き!  
  まったく食品の表示を見ないで購入!  
  安いのが一番!!  
  毎日時間をかけないで料理!  
  デパ地下・惣菜大好き!  
  市販のお菓子大好き!  
  清涼飲料水ばかり摂取! 
  ダイエット・健康のために市販の安いサプリを飲みまくっている! 
  とにかく「食生活」に無関心! 

 
実は、私もつい最近までこのすべてに当てはまっている生活をしてきました・・!

  私の身体はもう少しで「サイレントキラー」=食品添加物によって身体を虫食まれそうになっていたのです! 
  食品添加物はすぐに病気になるものではありませんが、徐々に私たちの身体に悪影響を与えています。特にガンの元である活性酸素を引き起こす原因になっています。
  10年、20年経って病気として現れてくるものが添加物なのです。 今何も起こらないから大丈夫。そんなのんきなことを言っていたら、将来寝たきりになってもおかしくはありません。
  でも私は「気づき」があったから、いまは添加物を少しでも排除する生活を送っています。

  本当にアナタはこのままの食生活を続けていいのでしょうか?
  もっと「食」に興味を抱き、「食育」する努力をしませんか? 
  難しいことは何一つ有りません。アナタの心次第です。子どもに本当に良い食事とは何か?
  愛する人に健康な食事をしてほしいと思っているならば、今すぐに意識すべきです。



  ① 添加物とは?  

食品添加物とは?
食品添加物はなぜ使われる?
食品添加物の種類と用途例
食品添加物の使用基準と成分規格

記事一覧へ

  ② 添加物の安全性 

許可されているからって安全?
食べ合わせの危険とは?
消費者に見えない添加物とは?
特に注意したい添加物は?

記事一覧へ

 ③ 添加物が引き起こすもの  

アトピー・アレルギー・喘息・ガン
キレる子どもたち
活性酸素を誘発する添加物
添加物が肥満を引き起こす

記事一覧へ

  ④ 添加物が取り巻く環境

添加物まみれの低カロリー食品
コンビニ・ファーストフード
手作りは安全?調味料の恐怖
健康補助食品のサプリも・・

記事一覧へ

  ⑤ 添加物を抑えるために  

食生活を見直し(まずは調味料)
いますぐ食用油を捨てよう!
マスコミの情報を鵜呑みにしない
天然サプリで健康を補おう

記事一覧へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆暴力小学生が増加しているのは食生活も原因



ニュースで先生や学校で暴力で、自己主張する小学生が多くなっているとか・・

でも以前もそんなこと言われていましたよね?



いろんな原因があるとは思いますが、

私はかなり多くの確率で「食生活」だと思います。


◆妊娠中の食事について考えよう  いう記事でも述べましたが、

妊娠時から添加物を平気でとっていたり、食生活が偏っていると

子供にももちろん影響がありますよね?



それにおそらく食事に関して気を使わない方は、子供が生まれても

さほど食事には気を使わないと推測されますので、

ジャンクフードや添加物のお菓子、添加物の食事(冷凍食品など)を常用で食べさせます。




朝ご飯は平気で抜きにして、ダイエットと言っては、大事なお米(ブドウ糖)を摂らない

子供も増えてきています。



そうなると、精神的なダメージは相当なものです。



脳に必要な栄養素は行かないですし、

添加物によっては脳に影響を及ぼすものもあるのですね。



添加物の組み合わせの実験と言うのはあまり深くやられておりませんから、

多くの種類の添加物を摂取すれば、それだけ危険性が増すのです。



欧米での研究でも特に着色料の添加物でキレる子供がいると発表しています。



キレる子供、暴力の子供を作らないためにも、ぜひ食生活を真剣に見直していただきたいです。

子供と一緒に食育をすれば、コミュニケーションもはかどり親子のきずなも深まるはずです。





子供の栄養素が足りないと心配する方に!

子供向けの食べやすいマルチビタミンサプリ「ピタサウルス」

http://www.shop-lohaslife.com/product/9


無添加の天然野菜サプリメント!
ディリーバイオベーシックス








スポンサーサイト
やっとトランス脂肪酸への対応が進んできました。


こんにちは、サプリメントアドバイザー鈴木です。


マーガリンやスナック菓子などの原料に含まれ、

多量に摂取すると健康に悪影響を及ぼすとされるトランス脂肪酸について、

福島瑞穂消費者行政担当相は24日の閣議後会見で、

食品への含有量の表示義務化を検討するよう消費者庁に指示したことを明らかにしました。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091124-00000414-yom-soci



やっと日本でもトランス脂肪酸についての検討をしはじめたようで

何よりです!!



欧米ではとっくにきちんと規制がされているのに

日本はマーガリンやお菓子に大量に使用されていますね。



でも、日本人の方であまりこの点について危機感を持っている人が少ないのが残念です。



おそらくそれにはスーパーで所狭しと並んでいるマーガリンがあるからだと思います。

国内の有名メーカーがおかしなものを作るわけがない!という思い込みが

あるからなのかもしれません。



ダイエットで、バターよりも、マーガリンを好んで使っている人はいませんか??

ぜひバターに変えましょう。



もちろん摂取量には気をつけなければいけませんが、

トランス脂肪酸を摂り続けると悪玉コレステロールを増加させる一方です。



ダイエットに必要なのは、健康です。




ダイエットするなら、まず基礎栄養素の食物繊維サプリを!
ディリーバイオベーシックス
無添加の天然野菜サプリメント!



添加物はダイエットの大敵になる理由とは?
添加物を摂取すると・・ダイエットにはとても大きな壁になります。


ジャンクフードは元より、

調味料から至るところまで、私たちは添加物にさらされています。



添加物のないものを探すのも一苦労。

無着色!という名で販売している品物にも騙されてもいけません。



無着色はいいのですが、しっかりと別の添加物(酸化防止剤など)が入っていますからね・・・。




では、ダイエットになぜ添加物がいけない?のでしょうか。



それは、栄養素の不足が肥満を引き起こすことに関連しています。


肥満は栄養を摂りすぎているのが原因だと考えがちですが、

実はビタミンとミネラルの不足した食事が引き起こしているのです。


 
 食物のカロリーが十分にエネルギーとして燃やされるには、

そのカロリーに見合っただけのビタミンとミネラルが必要なのです。



しかしながら最近の食事はバランスが悪く、カロリーだけは高いですが、

ビタミンとミネラルが不足したものばかりです。



 そうなると、体内のビタミン・ミネラルがカロリー過多の食事を消費しようとします。

しかし消費しきれないためそれが脂肪として蓄積されるのです。

 これが肥満の原因となるのです
 
 添加物がなぜ肥満を引き起こすか?



もう、お分かりですよね???



それは添加物を消費するためには体内のビタミン・ミネラルが多く使われるからなのです。



タダでさえカロリーの高い食事でビタミン不足になっているのに、

それに添加物が含まれていたらなおさらビタミンを使わなくてはいけません。

 でも体内ではすでにビタミン不足。

なので添加物も高カロリーの食事も体内で消化できなくなってしまっているのです。

 高カロリーに添加物の食事、これはファーストフードや外食のほぼすべてにあてはまりますよね。

この二重苦がビタミンとミネラル不足を引き起こし、身体に蓄積されていくのです。



健康を維持するためにはもちろんのこと、肥満防止やダイエットは栄養素のバランスが大事です。
栄養のバランスよく取れた食事こそが代謝をよくし、脂肪を燃焼してくれるわけです。



なるべく添加物を排除するような生活が、効率よい健康なダイエットを成功させます。



健康食品も添加物をたくさん使っているところが多いので、

ぜひ原材料などを確認してくださいね!


だんだんと涼しい、いや寒くなってきましたね。

とくに足の冷えが感じやすくなってきたのかなと思います。



多くの女性が悩んでいる「冷え性!」ですが、

私も究極の冷え症でした。



寒くて夜が眠れないんです^^;)

足先が冷たくなって、靴下をはいてもダメ。



仕方ないので湯たんぽをしていました。



湯たんぽはあったかい!私にとって湯たんぽは欠かせないシロモノとなりました。



ですが、やっぱり危険ですからね・・。。



冷え症の原因の一つは間違ったダイエットが挙げられます。



食事の量を減らす時に、「必要な栄養素」も減らしてしまうからです。




クラッシュダイエット・・というそうですが、

低体温の状態が続いてしまうのですね。



つまり

「節約モード」に入ってしまい、燃えにくい身体をわざわざ作ってしまっているんですよ。



それに加えて、身体もだるくなるので運動をしなくなります。



運動不足は特に足の冷えを助長する体液の助長を引き起こします。



冷え性って、ダイエットをする方にとっては本当に大敵なんです。




冷え性  → 低体温 → 燃えにくい身体 → 運動不足  → 痩せにくい身体




こんな図式が出来上がります。




冷え症を甘く見ず、ぜひ普段の食事から見直してみてください。

私も食事を見直して、だいぶ改善されましたよ。




タンパク質と鉄分を特に意識して摂取するとよいでしょう。



タンパク質を摂ると体温が上昇しやすくなります。

赤身のマグロや肉、卵などは タンパク質と鉄分を両方含みます。



もしサプリメントの力を借りるのであれば、

総合基礎栄養素のマルチビタミン系

それに加えてビタミンEをプラスると良いですね。



ビタミンEは血行促進の目的がありますよ^^)




冷え症はダイエット・美容の大敵です!

ぜひ改善してくださいね!


私の知人の夫が心臓の手術を数回し、

やっと今自宅での療養生活となりました。



今知人は、すべての野菜を無農薬に切り替え、

調味料もすべて良いものに切り替えています。



私にも少し相談があったので

「油からまず変えてみたら?」と提案しました。

「高いけど亜麻仁油がいいよ。」言いました。



しばらくして連絡があって



「亜麻仁油ってすごいね!!おいしいし、たくさん調べてみたら、

この油は、心臓にもいいみたいだよ。」と喜んでくれました



伝えて良かった・・と思いました。




私もそうですが、意識しないと、今多く販売されている油になれてしまい、

「良い」「悪い」という区別がつかなくなっていると思うんですね。




おそらく多くの方が「油に良い悪いってあるの?」って思っているでしょう。



もしくは、ヘルシーな油が今よく売り出されていますから、

その特定保健用食品であれば、安全!!カロリーも低い!ダイエットにもよい!

コレステロールが下がる!と思いこんでいると思います。




ですが、最近、衝撃的なニュース「健康エコナの販売自粛」というものが

流れましたね。




油に添加物は不要・・というか、

そういう油になれてしまってはいけません。



ぜひ、中身が何であるのか、製造方法はどんなものであるのか、

油は身近な調味料ですから、より良いものを摂取するようにしてください。




私の親は私の言うことは全く聞きませんので(汗

健康エコナはいいものだと思いこんでいて、

買いだめをしていたんですね。



でも、そういうご家庭はほとんどだ思います。



ぜひメーカーの宣伝に惑わされず、

より良い油を選んでください。



一番良い油は亜麻仁油(フラックスオイル)です。



ただし、良い油ほど、加熱してはいけません。

ぜひこの油はそのままで召し上がってください。



本当に良い油って、そのままでもすっごく美味しいんですよ。



良くわからない方は、

安すぎる油、マーガリン、は絶対に食さない方がいいです。



コールドプロセス製法で、じっくり搾られた油が一番身体に良いです。



私は、サラダにはフラックスオイルか品質の良いごま油をつかい、

揚げ物には、菜種油を使用しています。



すべて高いものばかりです。

フラックスオイルは2000円程度、

菜種油も1000円程度しています。



ですが、この先長い人生を考えたら、これくらいの出費は仕方ないと思って、

前向きに使っています♪



塩やしょうゆ、みそ、酒、みりん、酢、

すべてを無添加のものに変えるのは難しいですが、

油をぜひ買えることが必要だと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。