FC2ブログ
身近な添加物。健康・美容・ダイエットを気にするアナタに、天然サプリで添加物から身を守る方法を伝授。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毒性実験の内容を記事にてお伝えしましたが、
例えば添加物同士の組み合わせの実験などは行われているのでしょうか?

私たちの食生活は、一つ添加物で作られているわけではなく、
一日に何十種類の添加物を口にしてます。

その毒性検査は十分に行われていないのが現状なのです。
食品添加物は合成ですから、私たちの体内で消化することができず
蓄積されていきます。

もしとんでもない組み合わせの添加物を食べてしまったらどうなるのでしょうか。。

たとえば、発色剤の亜硝酸ナトリウムと保存料のソルビン酸や安息香酸エステル類が反応するとニトロソ化合物という発ガン物質になるとのこと。

 亜硝酸ナトリウムはこれだけではなく、パラオキシ安息香酸エステル(保存料)、ジメチルアミン(タラ科の魚に多い成分)、プロリン(肉のたんぱく質に含まれる製品)と食べ合わせると発がん物質、発ガン疑惑物質が生じるのです! 活性酸素に負けない本 より参照

 よって添加物まみれのベーコンやハムとタラの組み合わせは避けたほうがよいです。

 私たちは1食ではなくて1日3食、あるいはおやつなども入れると4食、5食と口にします。
表示されている数多くの添加物以外にも、キャリーオーバーや一括表示などで知ることのできない化学合成物質を、たくさん体内に取り入れているのです。そうなると組み合わせも多数であるばかりか、調べたくても調べられないのが現状です。

 また、添加物は化学合成物質なので、1食分の食べ物を消費するのにも天然よりも時間がかかるかむしろ消化もされません。となると消化されない添加物とまた新たに取り込まれた添加物が何かしら発がん性などの悪性の物質に変化する可能性だってあるわけです。

 そう考えたらきりがないのですが、絶対避けたほうが良い添加物は口にしないのはもちろん、なるべく添加物の少ないものを手に取るように心がけたいものです。






スポンサーサイト
<食品添加物とは? >
 まず、「食品添加物」について、どのようなイメージを持っていますか?
 おそらく多くの人が「え?いまさらなに?」「安全に決まってるジャン、毎日食べているんだし」って思ってませんか?私もそうでした。続きはコチラ


<食品添加物はなぜ使われる?
そもそも、食品添加物はなぜ使われるのでしょうか?
昔は、食品を長持ちさせる、味を良くする、色や香りを付けるなどの目的で、塩や囲炉裏の煙、植物の実や葉などを食品に加えていました。これが食品添加物の始まりです。。続きはコチラ


<食品添加物の種類と用途例>
 <食品添加物はなぜ使われる?>の章でも少し語りましたが、もう少し具体的にたとえば乳化剤というのはどんな化学物質があるのか?をお伝えします。 続きはコチラ

<食品添加物の使用基準と成分規格>
食品衛生法第11条第1項に基づき、食品添加物にはその成分規格や使用基準が定められています。(「食品、添加物等の規格基準(厚生省告示第370号)」)。続きはコチラ


TOPへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。